日本ケミファ株式会社

健康生活のススメ

結石&メタボの背後に酸性おしっこが

日本人に尿路結石が増えてきています。
この病気に詳しい井口正典先生は、一番の原因として
「食生活の欧米化」を挙げています。
そのわけとは・・・

尿路結石の患者数は40年前に比べて約3倍に増加

「尿路結石」は、おしっこの中に溶け込んだ結石の成分が結晶化し、それが尿路(腎臓から尿道までのおしっこの通り道)にできた石状のかたまりのことです。背中やわき腹に激痛がはしることで知られていますが、これは結石が動いておしっこの流れを閉塞するためです。血尿や頻尿、排尿困難をともなうこともあります。

日本尿路結石症学会が2005年に行った調査によると、尿路結石の患者数は40年前(1965年)と比べて約3倍と、急激に増えています(図1)。男性は7人に1人、女性は15人に1人の割合で、一生に一度は尿路結石症にかかるとされています。

食生活の欧米化がおしっこを酸性に

尿路結石が増えた大きな理由は、食生活が欧米化してきたことです。具体的には「高たんぱく」、「高脂肪」のほか、「糖分のとりすぎ」「野菜や海藻類の不足」などが挙げられ、これらの食生活は、いずれもおしっこを酸性に傾けます。

尿路結石は、シュウ酸カルシウム結石がその85%を占めますが、これを含めほとんどの結石は、おしっこが酸性に傾くほどできやすくなります。実際、日本人のおしっこがだんだん酸性に傾いているというデータもあります(図2)。尿路結石は、食生活が大きな原因となって起こる生活習慣病であるといえます。

こうしたことから、尿路結石の予防のためには、おしっこをよりアルカリ側に傾ける食生活が必要になります。なお、結石を溶かしたり、再発を防ぐために、尿アルカリ化剤というお薬が広く用いられています。

ただし、逆にアルカリ側にしすぎることで、別の種類の結石が作られる場合がありますので、おしっこのpHは6.0~7.0に保つことが望ましいといえます。

食生活の欧米化はメタボも引き起こす

おしっこを酸性化する食生活(高脂肪、高たんぱくなど)は、メタボリックシンドローム(メタボ)をも引き起こします。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に、高血糖、高中性脂肪、高血圧を重複してもつ状態を指し、最近では動脈硬化の原因として重視されています。

また、「夜にたくさん食べてすぐ寝る」「朝食を抜く」といった食生活も、結石をできやすくし、メタボリックシンドロームを招く原因になります。

尿路結石とメタボロックシンドロームを予防するには、食事の内容や食事の時間、回数など、食生活全般を見直すことが必要です。

図 1

図1 : 尿路結石の年間発症率の推移(1965~2005年)

図 2

図2 : 酸性化の進む日本人のおしっこ 図版 : 尿路欠席の成分

おしっこのpHと結石&メタボの関係

「おしっこを酸性にする食生活」は尿を酸性に傾けるだけでなく、メタボリックシンドロームや尿路結石を引き起こす原因となります。

尿が酸性化すると、尿中で結石予防の働きをするクエン酸が減少し、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなります。さらに、尿酸やシスチンという物質が尿中に溶けにくくなり、尿酸結石、シスチン結石も生じやすくなります。

「おしっこを酸性にする食生活」を送っていると、内臓脂肪も増えてしまいます。

図版 : おしっこのpHと結石&メタボの関係
  • 前のページへ
  • 目次
  • 次のページへ
関連情報

うんちで健康チェック

「うんち」は健康状態を教えてくれる貴重で重要な情報源。あなたはトイレに浮かんだうんちの色やカタチなんか見たくないとすぐに流していませんか?しっかり観察するほどの仲間になればあなたの頼もしい見方になってくれます。

うんちチェック

  • あなたの長生き度チェック
健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
貼付剤を貼るときにお困りの方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
メディカルトピックス
ジェネリック医薬品FAQ
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
トピックス一覧
会員コンテンツのご紹介
会員ログイン
メールでの情報提供について
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
企業理念
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用案内FAQ
採用担当者からのご挨拶
MR認定試験合格体験記
先輩社員からのメッセージ
部門紹介