日本ケミファ株式会社

ヘルスケア事業商品のご紹介

油の汚れや食品臭を粘土(クレー)の吸着力で除去する家庭用油こし器
環境ラベル「エコマーク」認定、安全な製品認証「SG マーク」取得商品です。
お電話もしくはケミファオンラインショッピングでご購入いただけます。

クレーマジックとは?

■ 粘土(クレー)の吸着力を利用し、油を再利用できるように臭いも取り除き精製する油こし器です。
■ 粘土(クレー)は、エステの泥パックなどにも使用されています。クレーパウダーに使用している粘土(クレー)は油をこすのに最適にブレンドしたきめの細かい粘土(クレー)を使用しています。
■ 20年以上販売されているロングセラー商品です。
■ 製品を安全にご利用いただけるように「SGマーク」を取得しています。
■ クレーマジックは油こしとして「脱臭」「脱色」機能がある「エコマーク」認定商品です。エコマークの認定基準は非常に厳しく、日本環境協会独自の研究所での実験データのみ採用されています。現在油こしの分野で認定されているものは非常に少なく、クレーマジックはその中の1製品です。

ご利用方法

クレーマジックの「食」への安全性

自然の粘土(クレー)を精製してクレーパウダーを製造しています。
自然のもので使用しているため粘土から製造したクレーパウダーは、ヒ素、水銀、カドミウムなどの人体に悪影響のある重金属が混入していないか検査・管理を行っています。
クレーパウダーはロット毎に日本油料検定協会分析技術センターで重金属の混入検査を実施、検査に合格したものを使用しています。
クレーマジックは安全性の確認ができたクレーパウダーのみを使用しています。

エコマークについて

■ エコマークとは
エコマークは、公益財団法人 日本環境協会エコマーク事務局が様々な商品(製品およびサービス)の中で、「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につける環境ラベルです。
このマークを活用して、消費者のみなさんが環境を意識した商品選択を行ったり、関係企業の環境改善努力を進めていくことにより、持続可能な社会の形成をはかっていくことを目的としています。

■ ライフサイクルの考慮
エコマークでは、「資源採取」「製造」「流通」「使用消費」「リサイクル」「廃棄」の商品ライフステージの各段階において、主に4つの環境評価項目を検討しています。
「リサイクル」などのライフステージの一部ではなく、商品のライフサイクル全体を通じて、環境への影響を総合的に判断しているのです。

SGマークとSG基準とは?



SGマークは製品の安全を保証するいわばブランドです。

製品概要

商品名 クレーマジック 家庭用油こし器
JAN コード 4987171431436
商品構成 オイルクリーナー本体、金網、スプーン、取扱説明書
ろ紙(30枚入り)、クレーパウダー(300g入り)
容量 0.8リットル
販売価格 10,000円(税抜き)
商品サイズ フタ外形 202mm × 本体内径 Φ160mm × 高さ 144mm
保存方法 高温・多湿・直射日光をさけてください。
備考 追加用ろ紙、パウダーセットも販売しています。
(販売価格3,000円 税抜き)

ご購入はこちらから

 

関連情報

ケミファオンラインショッピング

ヘルスケア商品は
Yahoo!!ショッピング
お求めいただけます。
ご購入に関する詳細情報は、お買い物ガイドをご覧ください。

Yahoo!!ショッピングへ

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない場合は、上のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。

健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
貼付剤を貼るときにお困りの方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
メディカルトピックス
ジェネリック医薬品FAQ
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
トピックス一覧
会員コンテンツのご紹介
会員ログイン
メールでの情報提供について
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
企業理念
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用案内FAQ
採用担当者からのご挨拶
MR認定試験合格体験記
先輩社員からのメッセージ
部門紹介